2017年5月3日水曜日

リアルタイムでパターンのエラーと出力結果を確認する

パターンのリアルタイムチェック機能を説明します。

この機能を使うと、下の画像のように、エラー箇所をパターン作成中に把握することができます。具体的には、パターンファイルを保存した時に、自動的にチェックされます。


また、出力結果もリアルタイムで確認できます。


下の動画で実演しています。
このモードでパターンを作ると、徐々にパターンが育っていく感じが楽しくなります。



リアルタイムチェックの方法

"-t"オプションで、リアルタイムチェックのモードになります。
moji -iテキストファイル -pパターンファイル -t
これだけでOKです。

このモードでパターンを作れば、パターンファイルを保存したときに、パターンにエラーがあればその箇所を指摘してくれるし、問題なければ出力結果が即座に表示されます。これにより、いちいちコマンドを実行する必要がなくなり、パターン記述のトライ&エラーが容易になります。

終了方法


Ctrl+Cで終了します。
これはスマートではないので、他のキーで終了できるような改良を検討しています。

対応バージョン


バージョン0.0.8から対応しています。リアルタイムチェックモードにならない場合、"--version"コマンドでバージョンを確かめてください。バージョンが古い場合は、この記事を見てインストールしてみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿